季節の寄せ植え教室を行いました♬

 

みなさん、こんにちは!中田中央公園管理事務所です♪

 

気持ちのいい風と、新緑の緑が眩しい季節になってきましたね。

 

朝に散歩するととても気持ちのいい一日を迎えられます(´▽`*)

 

今日のコレっ!(5月25日のできごと)

 

25日(金)に行いました新イベント☆季節の寄せ植え教室のレポートをしていきます!

 

今回は3名の方にご参加いただきました。

 

広報が遅れてしまったため、少人数でのイベントでありましたが一人一人と楽しくコミュニケーションを取りながらハンギング作りが出来たので良かったです♬

 

奈良造園土木の平塚が講師を務めました!

 

今回使用した植物は、ニチニチソウ(薄紫色の花)、サルビア(濃紫色の花)、ポーチュラカ、アイビー、ワイヤープランツの5種類ですね。

 

その他材料として、軽量用土と軽石、ミズゴケ、マグァンプK(緩効性肥料)を使用しました。

 

 

季節が初夏、という事で涼しげなカラーですね♬

 

まずはハンギングバスケットにキバサミで、花が顔を出す穴を作りました☆

 

普通の寄せ植えとは違い、ハンギングは花が顔を出す所を自分で決められるので楽しいです。

 

お次に、水はけをよくするため一番下に軽石を入れてからマグァンプKを混ぜた軽量土を少量いれます。

 

このバスケットがちいさめなので、そんなに土を入れなくても苗でハンギング内が満たされます(^^♪

 

 

あとは苗の細根をあまり傷付けないように気を付けながら、揉みほぐします。

 

ポーチュラカやニチニチソウは比較的柔らかい根なんですが、サルビアは結構しっかりした根で大変でした(;^_^A

 

後は自分で植物の配置決めですね☆

 

こういう時、背の高い植物、低い植物、ツル植物といった横に伸びる植物、それぞれの特徴を持つものを揃えると考える楽しみがありますね。

 

 

苗を入れ終わったら、最後にミズゴケを土表面にまんべんなく敷き詰めましょう☆

 

ハンギングバスケットは水が抜けやすいので、こうすることによって保水性を高めることが出来ます。

 

 

作り終わったら、最後にみなさんでハイチーズ★

 

それぞれ個性のあるハンギングバスケットが出来上がりましたね!

 

ご参加いただいた3名の方々ありがとうございました。

 

ページ上部へ