🎍ミニ門松作り教室を行いました🎍

 

みなさん、こんにちは!中田中央公園管理事務所です♪

 

12月26日に『ミニ門松作り教室』をみなさんでつくりましたよ(^O^)/

 

その時の様子をレポートしていきたいと思います。

 

今日のコレっ!(12月26日のできごと)

 

長澤樹木医が今回講師としてイベントで説明を行いました!

 

使用した材料はこちらです↓

 

・器(モウソウチク)

・小竹(マダケ)

・藁の代用品としてボール紙(段ボール)

・麻縄

・オアシス

・マツ枝(アカマツ)

・組紐をウメ結びにしたもの

・千代紙

 

材料にはこだわって、用意しました(^^)/

 

 

様子をレポートしつつ、作り方も載せていきたいと思います♪

 

まず、モウソウチクの器にボール紙を巻いていき、麻縄でぐるぐる巻きにしていきました。

 

 

 

結構強めに麻縄を巻いていくので、根気のいる作業です!

 

みなさん、巻くのに苦戦しながらも綺麗に麻縄を縛っていました♬

 

巻き終わったらお次はボール紙を等間隔に切っていき、支えにします。

 

 

そこまで進んだら、マダケを歪みのないよう入れ物に置きます。

 

位置が決まったら、切ったオアシスを入れ物とマダケの間に入れて固定ですね(^^♪

 

大事な顔となる部分なので、しっかり位置決めしたいですね!

 

 

そのあとはマツとセンリョウをマダケの周りに添えていきます♬

 

組紐を使ったウメ結びと千代紙を門松の正面につけてもらって、松竹梅完成(´▽`*)

 

 

 

みなさん同じ材料を使って、同じ門松を作っているつもりでも飾付で個性が出てきていました(^^♪

 

 

 

タケとマツの青々しい色とセンリョウの朱色が映えてますね!

 

今回は8組、11名の方々につくってもらいました♪

 

ミニ門松を家の前に置いて、よいお年をお迎えくださいね★

 

 

ページ上部へ